法律顧問は必須です通奏低音

2019年04月13日

朝日新聞とテレ朝



昨日の朝日新聞に、国別対抗戦のSPで自らの持つ世界最高得点を更新した紀平梨花選手の記事がありました。

IMG_3383

(一部抜粋です)

紀平の夢である五輪金メダルを2大会連続で獲得した羽生結弦(ANA)の演技を、世界選手権で観戦した時のことだ。

会場の異様な雰囲気、祈るように見つめながら涙する観客。

そして、その重圧の中で堂々と滑りきる羽生の姿から感じ取った。

「もう、すごすぎて…‥‥自分もこうなりたい。
目標とすべきところって思うけど、まだまだ足りない」。

心に火がつき、忙しいアイスショーの合間を縫って練習を積んできた。




得意とするトリプルアクセルや、来シーズンは挑戦するという4回転サルコウで、羽生選手のジャンプフォームをお手本にしているという紀平選手。

今夜のFSもノーミスできますように 


  


朝日新聞はこんなにいい記事を書いているのに、同じ朝日新聞系列のテレビ朝日はとんでもないポカをしたようですね。



私は昨夜の男子FSを観ていなかったので、リアルタイムで目撃はしていないのですが、
観ていた方がtwitterに上げて下さっていました。




たった3週間ほど前の世界選手権の結果を報道機関が間違えるって、普通はあり得ませんね。

先月の世界選手権で、男女合わせて羽生選手がただ一人だけ表彰台に上がったことは、一般ニュースでも大きく報じられていたわけですから、特にフィギュアスケートに関心が無くても知っている人が大半だと思います。


19 ワールド 表彰式


故意にやったと言われても、申し開きできないレベルの間違いですよ。

怪我を抱えたままの羽生選手が、プライドと使命感で勝ち取った誇るべき銀メダルを他の選手に付け替えるとは。



しかも番組内での訂正とお詫びもなかったとか。
普通はもっと些細な間違いでもテレビ局は「訂正とお詫び」を頻発するのに、信じられません。


その後動画を確認すると、ネイサン選手が出てくるあたりで、訂正された画像が流されていました。

下のリンクの動画の7:58の部分です。

https://www.youtube.com/watch?v=EH0iTr5Be9o


19 国別 ネイサン・ウノ


ネイサン選手はこの件に全く関係ありませんが、宇野選手とこんな風に比べられるのは迷惑なことだと思うのではないでしょうか。


そもそもネイサン・チェンと宇野昌磨の成績を比較することにどんな意味があると言うのでしょうか?


羽生結弦不在の中でとはいえ、2018世界選手権、2018GPFで優勝し、今年の世界選手権でも優勝したネイサン・チェンと、これまでGPFでも、世界選手権でも一度も優勝したことのない宇野昌磨の比較表を作るなんて、そんなこと、むしろ宇野選手が気の毒なくらいです。

それでも無理やりネイサンvsショーマというライバル幻想を作り出したいのでしょうか。
もしそうだとしたら、それは宇野選手にとっても不幸なことだと思います。




私は今日の放送前に、テレビ朝日に番組内での訂正を要請するつもりです。

テレ朝視聴者センター電話番号

メールでの意見・問い合わせ

仮に訂正が成されなかったとしても、今、「声を上げておく」ということは大切だと思います。

民主主義とは「数=力」という論理で動いています。
私達もこの論理に従い、メール1行でもいいので声を上げていきましょう。
なるべくたくさんの方が声を上げて下さることが今後のためにも大切だと思います。



こういう事がこれまでも何度も繰り返されてきましたが、フィギュアスケートには熱心に取り組んでくれると思っていたテレ朝までも。


遂に「テレ朝よ、お前もか!」と、愕然としています。




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。

写真はキャプチャーしたものと感謝してお借りしたものです。


withgoldenwings at 06:09│羽生結弦 | 国別対抗戦
法律顧問は必須です通奏低音