滑ってくれてありがとうやがて伝説の表彰式となる

2018年11月19日

羽生結弦とヤグディンの接点


今回のロステレコムでは、初めてアレクセイ・ヤグディンさんと、彼のかつてのコーチであるタラソワさんが一緒に解説を担当していました。


18 ロステレ タラソワ ヤグディン 3


ヤグディンさんは今はもうあまりスケート界のお仕事はしていないのかと思っていたので、解説する姿を見られたのは嬉しい驚きでした。


羽生選手のFS演技後の二人の解説の一部をSallyさんが翻訳して下さっています。



18 ロステレ タラソワ ヤグディン 2

18 ロステレ タラソワ ヤグディン 1



この解説を読んで、特に「今日のユヅルの演技は私達が皆同じ人間であること、だからこそもちろん、時に疲弊する事もあるという事を示してくれた。私はたまにはミスのある演技も必要だと思う、人生に完璧などないのだから。どんな天才でさえ自身の望むものを手に入れられない日もある」という言葉には、ヤグディンさんも現役時代には怪我に悩んだ経験も多々あり、羽生選手の置かれた状況もよく理解してあたたかい言葉を送ってくれたんだなぁと感動しました。


18 ロステレ FS 坂本清 5



ヤグディンさんは 別の解説の中で、「結弦をこの目で見ることができることをとても嬉しく感じています。羽生結弦と同じ空間で会うのは、人生で初めてです。勇気をもって言うけど、私はどうしてこの瞬間までこの2度のオリンピック王者の演技をこの目で見てこなかったのだろうか。」とも語っています。


ということは、羽生選手もこれまでにヤグディンさんに実際に会ったことがないということになります。 
おそらく何百回、いえ何千回もその演技動画見てきたはずなのに。




それを今回繋げてくれたのはタラソワさんでした。



18 ロステレ タラソワ



 

実際に羽生選手とヤグディンさんが対面できたのかどうかはわかりませんが、少なくとも同じ場所を共有し、互いの存在を身近で感じたことは確かです。


羽生選手が幼い頃からプルシェンコさんに憧れ、その強さ、逞しさ、安定感、カリスマ性を尊敬してきたのもよく分かります。


しかし私は正直なところ、羽生結弦選手とヤグディンさんの中に共通点を感じてきました。

例えば、頭脳明晰、自由闊達、天真爛漫、そしてスケートのスタイルも。 



今回、タラソワさんを接点に二人がもしも遭遇していたら、ヤグディン・プルシェンコ・羽生結弦の三人の天才が作る三角形が完成します。

そこからまた何かが生まれる可能性がありそうです。


いつか三人の天才が同じ場所に立ってくれる日が訪れるといいなぁと、内心 願っています。

夢かもしれないけれど。





ヤグディンさんの『オーバーカム(打ち勝つ)』というタイトルの自伝、とてもよかったです。
内容も興味深く、写真もたっぷりでお薦めです。






自伝と同じタイトルのEXプログラム『オーバーカム』も大好き!
こちらもお勧めです。







以前、この三人について書いた過去記事があります。
三人の天才☆ミドルネームはアマデウス

現役時代のヤグディンさんやプルシェンコさんの動画もたくさん含んだやや長めの記事ですが、お読みいただけたら嬉しいです。


ヤグディン プルシェンコ

  



羽生選手、松葉杖で表彰式出席してくれたのですね。

18 ロステレ 表彰式 1


またひとつ伝説が生まれましたね!

表彰式、明日また書きたいと思います。


He will overcome. 
羽生選手の復活を信じています。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


withgoldenwings at 00:58│羽生結弦 | 2018 ロステレコム
滑ってくれてありがとうやがて伝説の表彰式となる