2020年11月01日

万聖節




昨日のハロウィンに対して、
今日11月1日は万聖節。


イタリアではTutti i santi (トゥッティ・イ・サンティ 全ての聖人の日)で、祝日となっています。
全ての聖人を讃え祝う日です。


ハロウィンはケルト人由来のお祭りなので、アングロサクソン系・プロテスタント系の国では定着していますが、
カトリックの国ではほとんど見かけない行事です。


なぜ聖人の日の前日に悪魔や魔女や幽霊が悪戯したり、大騒ぎをしたりするのだろうと疑問に思っていたのですが、聖人の日には騒げないので、前日に大騒ぎするということらしいですね。

日本では面白い仮装イベントとして捉えられていますが、私はどうしてもハロウィンにはなじめません。
カボチャが嫌いだから?


そんなことで、今日は、羽生選手はハロウィンよりも断然聖人の日が似合うな、なんて考えていました。
どう考えても悪魔や幽霊には似合わない。
なにしろ聖人属性の人だから。




今年のカレンダーもあと2枚になってしまいました。

例年ならば11月は、12月初めのGPFに向かって盛り上がっていく月ですが、
今年はカナダとフランスは中止となり、その他の開催される国でも実質国内大会となっているわけですから、国際試合としての意味は無くなってしまいましたね。

少し寂しい11月です。



そんな中、スケートカナダは早くも来年の開催日程を発表しました。
2021年10月29日ー31日 バンクーバーです。

予告PR動画には羽生選手が何度も登場しています。



来年のことは分かりませんが、スケカナとしては何としても羽生選手に出場して欲しいのでしょうね。

昨年の大会を思えばそれも解ります。

羽生選手の素晴らしい演技を初め、素敵なシーンがたくさんありましたものね。


19 スケカナ SP  cap  3_Fotor



19 スケートカナダ Origin


19 スケカナ FS 32


19 スケカナ 表彰式 16_Fotor


19 スケカナ 表彰式 12_Fotor



19 スケカナ ニッカン 5 菅敬_Fotor




19 スケカナ EX ブロブ
 

来年のスケートカナダに羽生選手が出場できるような状態になっていたら、とても嬉しいですね。
新プログラムでスケートカナダなんて、実現したら夢のようです。




一方、イタリアの羽生結弦ファンクラブは早くも12月7日の誕生日に向けてプレゼントの準備に取り掛かっているようです。



フェイスブック上のイタリアファングループは、ユヅの誕生日にささやかなプレゼントを準備しています。
ショートメッセージを添えたトリノのGPファイナルの写真、または写真の所有者の名前だけを記した写真を集めたいと思っています。


これにマッシミリアーノさんも早速参加表明しています。



ユヅル・ハニューのイタリアファンのフェイスブックグループにより推進される、全ての人に開かれた素晴らしい計画。
それに参加する。



写真を投稿するだけでもいいようなので、私も参加したいな。

果たして参加できるだけの良い写真があるかどうか、もう一度去年のトリノの写真ファイルを見直さなければ!!



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 22:42|Permalink羽生結弦 | GPF

月に願いを




「星に願いを」という曲はありますが、
「月に願いを」という曲はないのかな。



昔、遠く離れた場所にいる人と月を介して交信したいと思っていたことがありました。

8時間の時差なら、今夜私が見た月は、8時間後にはその人が見ることになる。
だからお月様、私の想いを届けてと、何度そう願ったことでしょう。


そんなことを思い出させた今夜のブルームーンでした。

IMG_3073 (1)


お出かけからの帰り道にふと気がついて、携帯で撮ったものです。


満月を見るといつも、大きなドームの天井に丸い穴が開いているように思えてしまいます。


ローマのパンテオンのように。


IMG_3074



思わず、たくさんの願い事をしてしまいました。

結弦くんの4A成功はその中でも特別に大切な願いの一つなのは言うまでもありません。。




前回のブルームーンは2018年3月31日、
そして次のブルームーンは2023年8月31日だそうです。



果たしてその頃、世界はどんな風に変わっているのでしょうか。

このパンデミックが終息し、再び世界を自由に行き来できるようになっていますように。

ANAの翼も再び世界に羽ばたけていますように。



そして、願わくば結弦くんの胸に、満月みたいな3つ目の金メダルが輝いていますように。


18-2-27 ANA 1_Fotor






  最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 05:00|Permalink羽生結弦 

2020年10月31日

YUZURU Collection




昨日は雪肌精YU ZU RU Collectionコフレの抽選結果の発表日でしたね。

もう多くの方が当選したことを伝えて下さっています。


実は私も結局、紫Originの誘惑に負けてしまい、どうせ当たらないだろうから申し込みだけしておこうと、いわば記念申し込みをしていました。
夕方になってもメールは届かず、ああ、やっぱり外れたんだと思っていました。

ところが夜になってから、メールをチェックすると、18時24分に当選のお知らせメールが届いていたのです!

やっぱり当選するのは、チケットでも、グッズでも、宝くじでも(高額当選の経験なし)嬉しいものですね。


みやび キャンペーン 3


みやび キャンペーン A-1




今日、早速引取り日の予約を入れようとすると、なんと初日の11月11日から最終日の12月31日まで全ての日が受付終了(選択できません)となっていたのです。

これはおかしいと思い、選択した銀座三越の売場に問い合わせしたところ、WEB上の問題があり、現在調査中とのことでした。

前回もデフォルトで全ての日に数量1が入っていて、必死になって選択日以外を1⇒0に変更したことを思い出しました。
どうもそれと同様のWEB上の問題が生じているようです。

詳しいことは売り場では分からないので、お客様相談室にお問い合わせくださいとのことでした。

コーセーお客様相談室:0120-526-311
土日はお休みなので、月曜日でないと対応できないそうです。

コーサーさんのオンラインシステムがまだ完全に整っていないようです。
売場の方は、問い合わせが集中して大変そうでした。

いずれにしても、当選した方はお店で受け取れるとのことでしたので、システムが回復するまで待つしかないようです。



すると今度はロッテから荷物が到着。

こちらはマルチケース付きのキシリトールガムでした。

そういえば申し込んでいたんだった。
色々なキャンペーンがあるので、忘れたころに品物が届いて思い出したりしますよね。

FullSizeRender - 2020-10-31T160756.404


新製品のドリンクアソートボトルが、気に入りました。

ジンジャーエール、ソーダ、レモンスカッシュの3つの味で、「クールなシャリシャリ感!!」
四角いキューブ状で、味も形もグミキャンデーのようです。

FullSizeRender - 2020-10-31T160813.665


仕事をしながら噛むのにピッタリな感じ。

ガムもたくさん買いましたが、いつの間にか家族が消費してくれて、なくなっている感じです。



そして「羽生結弦の言葉」、ニュースに出ている分だけですがChaiTさんが英語字幕を付けて下さっています。

 


この本は是非、英訳版、中国語版などに翻訳して出版されるといいなと思います。

フィギュアスケートファンでなくても、結弦ファンでなくても、誰が読んでも自分に引き寄せて読むことができる本です。


さて、今日は今から久しぶりにお出かけです。
渋谷、新宿のような繁華街ではないのですが、お気に入りの街に。

マスクしっかり、除菌グッズも持って行ってきます。


皆さまもよい週末をお過ごしくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 16:26|Permalink羽生結弦 | キャンペーン

2020年10月30日

スケーターを取り巻く人々



10月27日の記事「マッシさんの投稿から」に書いた、
イタリア・グランプレミオでのダニエル・グラッスル君の動画が届いています。

1回の演技の中でルッツ、フリップ、ループの3種類の4回転を着氷するという世界初の快挙となりました。
イタリア国内大会なので正式記録にはならないとしても、次世代のエース候補に名乗りを上げた感じがします。


途中で衣装が変わるのにも驚きました。
女子のプログラムでは何回か見ましたが、男子では初めて見ました。


最初はこのように始まり、

GRANPREMIO ダニエル 3_Fotor


フィニッシュはこうなります。

GRANPREMIO ダニエル 4_Fotor




 


キス&クライでは、自分の得点に驚いたり、

GRANPREMIO ダニエル 3-1_Fotor


ピースサインもありました。

GRANPREMIO ダニエル 2_Fotor


演技中の大人っぽさと、キス&クライでの可愛さが、どこか羽生選手を思わせるところがあります。

6歳の時、地元メラーノで開催された大会で羽生選手を初めて観て以来、ずっと憧れてきた大ファンだというグラッスルくんのこれからの活躍に期待したいと思います。

イタリアにはマッシミリアーノさんやアンジェロさんのような、正しい技術で行われる美しいフィギュアスケートを愛する方がいらっしゃるので、グラッスルくんは必ずそのような方向性を失うことは無いと思っています。

ニュース記事にもなっているのでそちらも是非お読みくださいね。


イタリアのフィギュア王子、グラッスルが4回転で史上初の偉業!衣装チェンジのサプライズも

THE DIGEST編集部 2020.10.30


グラッスルくんの愛犬コオリをいつか見せて欲しいな。氷だから白い犬かな?



    



一方、ネイサン・チェン選手のコーチ、ラファエル・アルトゥニアン氏の驚くような発言が伝わっています。

長いインタビューの中での発言だったようですので、文脈が分かるようにその部分を全文引用させていただきました。

At the moment, Chen looks stronger than all his rivals and is definitely ahead of them in the technical richness of the programs. Isn’t it more logical to decide on the set of jumps for the Olympic season now and prepare it without any experiments, achieving maximum stability?

Rafael Harutyunyan: It is a myth that Chen is the strongest. The bigger it grows, the more dangerous it is to believe it. It does not happen in sports that there are no rivals. There is always someone who is able to jump out from behind. So why should we stop? So that those who are now behind, come closer? To be honest, it is not my plan at all for Nathan to compete with someone on equals at the Olympics. Therefore, we use all the opportunities and loopholes to make maximum progress and go far ahead. And it’s never too late to slow down.


Q:現時点では、チェンはすべてのライバルよりも強く見え、プログラムの技術的な豊かさにおいて間違いなく彼らよりも進んでいます。 現時点でオリンピックシーズンのジャンプのセットを決定し、実験なしで準備して、最大の安定性を達成する方が論理的ではありませんか?

Rafael Harutyunyan:チェンが最強だというのは神話です。
それが大きくなるほど、それを信じることはより危険になります。
ライバルがいないことはスポーツではあり得ません。 後ろから飛び出せる人は必ずいます。
それなのに、なぜ停止しなければならないのでしょうか? 遅れている人が近づいてこれるようにですか?
正直なところ、オリンピックでネイサンが誰かと対等に競争することは私の計画ではありません。(つまり対等ではなく圧倒的に強い存在になりたい?) 従って、私たちはすべての機会と抜け穴を利用して、最大限の進歩を遂げ、はるか先に前進します。
そして、減速するのに遅すぎるということはありません。(減速することはいつでもできるから。)

(インタビュー全文の英訳はこちらで読むことが出来ます。)


赤字の部分が問題の箇所ですが、"loophole"という言葉をどういう意味で使ったのか理解できません。

「逃げ道」、「法律などの抜け穴」を指す言葉となっていますが、それではルールの抜け穴を利用して勝ちに行くという意味になってしまいます。
それは「進歩」でもなければ「前進」でもありません。
その上主語がweになっていることで、ネイサン・チェン選手までそのように考えていると思われてしまいます。

アルトゥニアンコーチ独特のレトリックでこの言葉を使っているのかもしれませんが、それにしても本当に理解に苦しみます。
アルトゥニアンコーチに再度説明して欲しいところです。


しかしこれで一番困惑するのは、ネイサン・チェン選手自身ではないかなと思います。

私はこれまでの彼の言葉や行動から、チェン選手に特に悪い印象を持っているわけではなく、羽生選手のライバルであることは確かですが、対戦相手をリスペクトできる好青年だと感じていました。

彼自身は"loophole"を利用して勝とうとは思っていないと信じたいです。

19 GPF  小海途 プレカン


それにしても、本人の意思よりも、それを取り囲む人々の思惑によって選手のイメージが印象付けられてしまうのって怖いですね。



それを考えると、羽生選手の周りには善意ある人々が自然に集まってきてくれているように感じて、本当に良かったなと思います。


18-2-17 グリーンルーム -2_Fotor



世の中には悪意ある人々も常に一定数存在しますが、それよりも圧倒的に多い善意と愛に溢れた人々の輪で羽生選手が守られますように。


19 全日本 櫛田選手 インスタ


その中に私たちファンも含まれますように。

18 ロステレ 表彰式 12_Fotor


何よりも、結弦くんが今日も健やかで幸せでありますように。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 15:40|Permalink

2020年10月29日

木曜といえば田中さん



木曜日の楽しみといえば田中さんです。
 

今日はSEASON PHOTOBOOK 2016-17後編です。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 1


写真は本で見ているのだけれど、田中さんがこだわりポイントを語ってくれると、また違った視点で見ることができて楽しいです。

キャプチャーする手が止まらなくなってしまいました。



SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 2


最初はハイドロブレーディング。

こんなに綺麗に、しかも長ーくハイドロができるフィギュアスケーターは他にいませんね。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 3


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 4

体操の内村選手と同様に、自分を俯瞰で見られるんじゃないかと田中さんは思っているそうです。

それくらい自分のことを客観的に観られているんだろうなと。
美しいポーズを分かっている。



これは狙って撮った写真。
ここでピントは目に合っていないといけない。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 5


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 6

この場合、手にピントが来ているようではいけない。
あくまでも目にピントが合っているのがプロカメラマン魂。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 7

これは衣装を見せたかった写真。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 8


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 11


「春よ、来い」とか、なかなか男子では着こなせない衣装。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 9

羽生選手にはグラデーションの衣装が似合っている。
「悲愴」もグラデーションの綺麗な衣装ですね。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 10

Continuesの時の「ツィゴイネルワイゼン」
新村さん曰く「サイズが入るところがビックリした」。
私も16歳の頃の衣装によく身体が入ったなと思いました。
田中さん曰く、可愛すぎて「ユヅしか着れない衣装」だと。



SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 15

この表紙大好き!


この写真は衣装が主役。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 14


だから顔にピントが合っていなくても、この場合衣装にピントが合っていて100点なのだそうです。

田中さんのお話の中で、よくピントの話が出てきますね。
どこにピントが合っているのかで、写真の意味も変わってくるという重要なポイント。
私も写真を撮る時、もっとピント合わせを意識してみよう。



大好きなNotte Stellataは2016年のスケートカナダが初披露でしたね。
エキシビションプログラムであれほど衝撃を受けたことはありません。

これは歴史に残るエキシビションプログラムになると思っています。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 16


指の先まで神経の行き届いた表現。

田中さんは家で真似してみたりするらしいです。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 17


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 18

指の形くらいなら、私も真似できそう。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 19

編集長好みの動きのある写真。

でも田中さんはあくまでも可愛い癒し系の写真が好みだそうです。
可愛いという言葉が何回出てくることか。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 20

「背中で演技できるというところがこの人の凄いところ」
「背後だったら普通撮らない。」「顔写ってなかったら使い道無いのよ」
でもこの人は「全部絵になる」。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 21


だから「どの角度からも撮りたくなっちゃうから、困った人なんですよ」。

新村さんはこの角度が好きだそうです。
私もスケートカナダの時のこの角度の写真が大好きでした。
羽生選手は背中が凄く綺麗なのです。


SC ex TVP 29
スケートカナダのEXのキャプチャー画像は100枚以上あります。
ちょっと田中さんのショットと似ているので嬉しくなりました。




次は田中さんの専売特許のピース写真

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 22


2016年のマルセイユGPFで史上初の男子シングル4連覇を達成した時ですね。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 23



SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 24

プーさんの4連覇ポーズ可愛すぎる。
これを表紙にしたいくらいだった。でもそれは編集が許してくれないんですね。



SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 26

世界選手権のドローの時。田中さんに向かってピース。
「皆さん、他では見れませんよ!」と田中さんがアピールしています。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 27

世界選手権でのバンケット。
もう田中さんを見つけたら反射的にピースするのが羽生選手の習慣化している?


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 28


未公開写真を見せてくれるのは特別嬉しいですね。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 29

ジャンパー脱いで、長袖脱いで、次が半袖になりますよね。
田中さんはいつも脱ぐのを待っているそうです。

左足が伸びてスーッと流れる美しい着氷ですね。



SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 30

これも田中さんが気に入っているもの。なぜなら可愛いから。



私、この写真好きだな。
これでも使われないって本当にもったいない。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 31



SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 32


いい感じのアンテナが立っています。。
でも田中さんの個人的な好みは「半袖でアンテナ」だそうです。
それも良く分かります。
私も半袖UAの羽生選手をこよなく愛していますから。


これもとっても素敵な横顔ですね。
「他の選手が質問に答えるのを聴いているところの目線が好きなんですよー」と田中さん。

座禅を組む時の半眼のようでもあり、
端正な横顔で何を考えているのだろう。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 33



レッツゴー・クレイジーのこのポーズ、
なんでもない顔してやっていますが、凄いポーズだと思います。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 34


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 35



これは反転した写真ではなくて、ビールマンスピンの2枚の写真を並べたもの。
ほぼ完全に左右対称になっています。
いかにぶれないスピンなのか分かりますね。美しい。


SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 36



この時の写真はピントが目に来ている。
アイスジュエルズの表紙とは逆のケース。
演技が終わった瞬間の目力溢れる写真ですね。

SEASON PHOTOBOOK 2016-17 後編 37



田中さんは「未公開田中宜明写真集を作りたい」ということですが、是非是非それ作ってほしいです。
編集長にお願いして是非出版して欲しいです。



今日はこの動画3回見てしまいました。

最初はザーッと見て、
次にキャプチャーしながら見て、
最後にもう1回じっくりと。

 


来週の木曜日11月5日は2017-18シーズン前編です。

平昌オリンピックの写真が中心です。
この号から写真集もぶ厚くなっているんですね。
その分写真もたっぷり。

楽しみです。


そして次回の頃はアメリカ大統領選挙の結果も出ているでしょうか。
それもある意味楽しみでもあり・・・
どういう結果になるのでしょうね。



夜になってから、内村航平選手が新型コロナ陽性というショッキングなニュースが伝えられました。
11月に試合を控えて、トレーニングセンターで合宿中だったとことです。
今のところ無症状とのことですが、感染経路もまだはっきりしない中、不安な状態だと思います。
どうか大事に至りませんように。
(詳しくはこちらを。)

本当にいつ誰が感染してもおかしくない状況です。


仙台でも感染者は増えているという情報もあります。
どうか羽生選手と皆さまが健康でありますように。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 20:16|Permalink羽生結弦 | 田中宜明