2021年04月15日

グループナンバーはあるの?





昨夜の報道ステーションの動画を早速上げてくださいました。 ありがとうございます。
練習の調子よさそうですね!

自分自身と自信を取り戻す国別対抗戦になりますように。



ところで、国別対抗戦といえば、他の試合にはないグループナンバーも特別なものですね。

過去、羽生選手が出場した2015年には津軽三味線の吉田兄弟の「STORM」、

国別対抗戦 8 (2)



国別 グループ 13

扇子を使った和のプログラムでカッコよかったです。
振り付けは阿部奈々美先生だったと思います。
奈々美先生の曲選びのセンス、好きです。




2017年は、もう懐かしいとしか言いようのない、ピコ太郎さんの「PPAP」でした。

 


17 国別 finale  15


17 国別 グループ 4


17 国別 ex cap  18


まさか羽生選手とヒョウ柄の組み合わせとは、意外でした。

今回もグループナンバーはあるのでしょうか。
これも国別対抗戦の特徴の一つですから、あるといいですね。

しかし世界選手権後の隔離期間があり、果たしてグループナンバーを練習する時間的余裕があったのでしょうか?



この2017年の国別対抗戦は、日本チームが優勝し、オリーブの冠を被った羽生選手が凛々しかったです。

17 国別 表彰式 1


17 国別 表彰式 3


17 国別 表彰式 10 (2)


17 国別 表彰式 6 (3)




17 国別 表彰式 11


優勝 日本チーム
2位 ロシアチーム
3位 アメリカチーム

男子シングルの場合はほぼ同じメンバーですが、女子はほとんどが入れ替わっています。
女子選手の現役時代がとても短いのには驚きます。

今年はどんな結果になるでしょう。
再び日本チームが優勝して、もう一度オリーブの冠を被る羽生選手を見たいですね。
オリーブの花言葉は「平和、勝利、知恵、安らぎ」。



男子シングルの滑走順です。

21 国別 SP 滑走順


21 国別放送予定 1

テレ朝の動画の配信チケットを購入した場合は、もう数時間後の8時30分から公式練習の配信が始まります。

21 国別対抗 テレ朝動画 4月15日


先月の世界選手権よりは、少しはリラックスした気持ちで観戦や応援ができる気がします。

選手、スタッフ、観客の皆さんの健康が守られますように。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 02:09|Permalink羽生結弦 | 国別対抗戦

2021年04月14日

今日の公式練習ドキュメントとインタビュー



国別対抗戦、いよいよ明日になりましたね。

羽生選手が出場したのは2015年と2017年、幸せなことに、そのどちらも代々木で観戦することができました。

羽生選手は2019年の国別対抗戦には出場していないので、今年は4年ぶりの出場となりますね。

今日は朝の公式練習には出なかったということですが、午後の公式練習には参加してフリーの曲かけ練習をしたということです。


21 国別 公式練習 0414-1



【羽生結弦 2021年4月14日公式練習ドキュメント】
Sponichi Annex
 ▽15:07 会場に到着、関係者と談笑する。

 ▽15:08 小走りで階段を下りながら会場に入る。

 ▽16:08 両手でプーさんのティッシュカバーを抱えながら、リンクサイドに姿を見せる。

 ▽16:10 公式練習スタート。左足でリンクイン。関係者がプーさんのティッシュカバーをフェンスに設置。

 ▽16:11 ゆっくりとスケーティング。

 ▽16:13 軽快にステップを刻む。

 ▽16:14 会場を見渡す。1回転でジャンプの確認に入る。

 ▽16:15 黒ジャージーを脱ぐ。3回転ループを跳ぶ。

 ▽16:16 3回転ルッツ―オイラー―3回転サルコーを跳ぶ。

 ▽16:17 ドリンクを口に含む。

 ▽16:18 トリプルアクセルを決める。

 ▽16:19 4回転トーループ―オイラー―3回転サルコーに成功。

 ▽16:20 4回転トーループ―3回転トーループは3回転の着氷がやや乱れる。

 ▽16:21 4回転サルコーはこらえて着氷。

 ▽16:22 4回転サルコーをクリーンに成功。

 ▽16:23 両手を腰に当ててゆっくりと滑る。

 ▽16:24 リンクを漂う。3回転ループを決める。

 ▽16:25 ドリンクを飲む。屈伸して再び滑り始める。

 ▽16:25 曲かけはフリー「天と地と」

 ▽16:26 4回転ループを決める。サルコーは2回転に。

 ▽16:27 トリプルアクセル―2回転トーループを成功、3回転ループで右手をつく。

 ▽16:28 トーループの4―3回転を決める。4回転トーループ―オイラー―3回転サルコーも成功。

 ▽16:29 トリプルアクセルの着氷はやや乱れる。その後、両手を腰に当てて滑る。苦笑いも。

 ▽16:30 曲かけ終了。4方向に礼。

 ▽16:31 ドリンクを口に含む。

 ▽16:33 4回転サルコーに成功。トーループの4―3回転も決める。

 ▽16:34 アクセルの回転が抜けて肩を落とす。踏み切り位置を確認。

 ▽16:35 ドリンクを口に含む。

 ▽16:36 トリプルアクセルを決める。

 ▽16:37 3回転フリップを跳ぶ。

 ▽16:38 自分と対話しながら滑る。トリプルアクセルの着氷が乱れる。

 ▽16:39 トリプルアクセルを決める。その後、リンクを漂う。

 ▽16:40 ドリンクを飲む。

 ▽16:41 アクセルの踏み切りを確認する。トリプルアクセル成功。

 ▽16:42 トリプルアクセル成功。

 ▽16:43 ゆっくりとスケーティング。ステップを確認。

 ▽16:44 トリプルアクセルを決める。ドリンクを口に含む。

 ▽16:45 トーループの4―3回転を決める。日本チームのブースから見守る日本スケート連盟の竹内洋輔フィギュア強化部長らが拍手。

 ▽16:46 4回転トーループは転倒。

 ▽16:48 4回転トーループを決める。

 ▽16:49 両手を腰に当て、思考を巡らせながら滑る。トリプルアクセル成功。

 ▽16:50 公式練習終了。4方向に礼。整氷の人にも礼をし、リンクの外へ。

 ▽16:51 リンクを後にする。

 ▽17:25 オンライン取材スタート。

 ▽17:38 オンライン取材終了。

 ▽17:51 会場を後にする。

21 国別 公式練習0414
この笑顔が見られて安心しました。(photo: 小海途良幹)

フリー「天と地と」 4Lo 2S 3A-2T 3Lo(手つき) 4T-3T 4T-1Eu-3S 3A



公式練習後はオンライン取材に答えました。

その中で、まさしく今日隔離生活が終わったということで、本当にギリギリの出場だということ。
世界も日本も、仙台も、大阪も、大変な状況の中で、複雑な思いを持って出場したということ。
このスケジュールの中でアクセルに臨むのは無理があること
そして今回は「僕の気持ち優先よりも、みんなの力になれる演技をしたい」と語っています。

後半にはゴルフの松山選手のマスターズ優勝のこと、水泳の池江璃花子選手へのエールも語っています。





明日の日本チーム滑走時間です。

◆アイスダンス・リズムダンス(15日午後3時5分~) (1)小松原美里、尊組:同3時12分 ◆女子SP(同4時25分~) (8)坂本花織:同5時25分~ (12)紀平梨花:同5時50分 ◆男子SP(同6時25分~) (9)宇野昌磨:同7時31分~ (10)羽生結弦:同7時38分~ ◆ペアSP(16日午後3時20分~) (4)三浦璃来、木原龍一組:同3時55分~



2015年と2017年の過去2回の国別対抗戦のフリーの演技をもう一度観ておきましょう。


2015年「オペラ座の怪人」
 


2017年「Hope & Legasy」
 


大阪に行かない代わりに、3日間通しのライブ配信チケットを購入しました。

【ライブ配信スケジュール】

  • 第1日:2021年4月15日(木) 8:00開場/8:30開演/19:57終演(予定)
  • 第2日:2021年4月16日(金) 8:30開場/9:00開演/20:00終演(予定)
  • 第3日:2021年4月17日(土) 9:30開場/10:00開演/19:10終演(予定)
チケット購入はこちらです。

これで明日からの3日間は、仕事含めて何もできそうもありません。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク




withgoldenwings at 20:05|Permalink羽生結弦 | 国別対抗戦

2021年04月13日

スポニチさん、ありがとう



Sponichi Annex の記事より。

この記事は記者の署名入りです。

大和弘明記者、杉本亮介記者、本当にありがとうございます。
良く書いてくださいました。しかも、署名入りで。

全文を転載させていただきます。


羽生結弦が成功目指す4回転半、妥当な基礎点を考える

[ 2021年4月13日 17:37 ]



12・5点。フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)が、人類史上初の成功を目指しているクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の基礎点だ。

 今季序盤、羽生は新型コロナウイルスの影響でグランプリ(GP)シリーズの出場を回避。勝負のリンクから離れる中、これまで以上に超大技の練習に時間を割いた。昨年末の全日本選手権を制した後も、3月の世界選手権で投入するためにギリギリまで調整を続けていた。

 トライ数は1000回を超えたという。それでも、まだクリーンな着氷はできていない。
切れ味抜群のトリプルアクセルを跳ぶ羽生にとっても、4回転半は高い壁として立ちはだかる。

Sponichi Annex 小海途 21ワールド?

 
 現行ルールのジャンプの基礎点はこうだ。
トーループ(3回転=4・2点、4回転=9・5点)、
サルコー(3回転=4・3点、4回転=9・7点)、
ループ(3回転=4・9点、4回転=10・5点)、
フリップ(3回転=5・3点、4回転=11・0点)、
ルッツ(3回転=5・9点、4回転=11・5点)、
アクセル(3回転半=8・0点、4回転半=12・5点)。

フリップまでは3回転→4回転で基礎点は2倍以上となり、ルッツも2倍近い。だが、アクセルは1・56倍にとどまる。

 3回転ルッツとトリプルアクセルの基礎点の差は2・1点だが、4回転ルッツと4回転半の差はわずか1点。
今季開幕前、国際スケート連盟(ISU)は4回転ループ、フリップ、ルッツの基礎点を全て11・0点とするルール改正を行おうとした(のちにコロナ禍の練習状況などを考慮して凍結)が、仮に実行されていても4回転ルッツと4回転半の差は1・5点だった。

 平昌五輪が行われた17―18年シーズンまでは4回転半の基礎点は15・0点だったが、ルール改正で4回転などの基礎点は下がって、18―19年シーズンから現行の点に。下げ幅は4回転半がもっとも大きい2・5点だった。
出来栄え(GOE)の幅が増え、マックスの加点を引き出せば17―18年シーズンまでの最大得点を超えるが、減点幅も大きくなったため、容易に成功できないジャンプにとってはむしろデメリットの方が大きい。

 12・5点。前例のない偉大なアタックの対価としては、あまりにも低いのではないだろうか。うがった見方かもしれないが、ISUは4回転半は最初から不可能なものとして真剣な議論をしていないのでは、とも思える。
3回転ルッツとトリプルアクセルの点差から考えても、4回転半の基礎点の最低ラインは13点後半。3回転→4回転のアップ率から考えると、16点前後あってもいい。

 羽生にとって、4回転半挑戦の源泉にあるものは「納得」だと言う。
世界選手権フリー翌日の取材でも、「アクセル跳べないと満足できないので、一生。最終目標は五輪で金メダルではなくて、あくまでも4回転半を成功させること」と話していた。

 北京五輪シーズンとなる来季のジャンプの基礎点変更は現実的ではないとみられる。

それでも、願わずにはいられない。
超大技が決まった時、羽生はもちろん、歴史の証人となった全ての人が「納得」できるようなスコアであることを。(大和 弘明、杉本 亮輔)




先日の東スポの記事(羽生結弦の「点数低すぎ」問題)といい、最近心あるメディアが、発言してくれるようになっています。

フィギュアスケートの歴史に輝かしい業績を築いてきた羽生選手を、なぜか過小評価しようとする傾向が目に余ることになっているのは、ファンは良く分かっていますが、限られた人の間でしか読まれないブログなどと違って、多くの人の目に触れるメディアの記事に取り上げられることで、このようなフィギュアスケート界の矛盾が少しづつでも改善されていくことを心より願っています。



もう明日から国別対抗戦の公式練習が始まります。
そして明後日はもう試合です、

その舞台となる大阪では、今日の新たな感染者が1,000名を超えました。

有観客としたことが、そもそも信じられませんが、一体どうなることやら心配です。

どうか選手・関係者の皆さんが健康で試合を終えられますように。

そして観戦チケットをお持ちの皆さん、どうぞくれぐれも感染予防に万全の対策でお出かけくださいね。


そして一番気になる4回転アクセルの行方。まず最初のトライはあるのかもしれません。
着氷できても、できなくても、まず第一に、どうか羽生選手に怪我の無いよう、
それが私にとっては最重要事項です。

どんな時でも応援しています。


最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 22:03|Permalink羽生結弦 | 国別対抗戦

羽生結弦の最終目標





昨夜の報道ステーションでは、松岡修造さんとのオンライン対談で、4回転アクセルへチャレンジについて、率直に語ってくれました。


羽生結弦の最終目標「4Aを含めた完璧なプログラム」

Sponichi Annex

21 World FS 小海途


フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)が、12日に放送されたテレビ朝日系「報道ステーション」で、世界初の成功を目指しているクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)への熱い思いを語った。

 元テニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏が、オンラインで羽生にインタビュー。新型コロナウイルスの感染拡大後、昨年末の全日本選手権後も取り組んできた4回転半について、まだ着氷はないものの「トライとしては、たぶんもう1000回を超えている」と明かした。

 高い壁を感じているのも事実だが、「胸を張って、これが最高の羽生結弦の完成形、理想の羽生結弦だってところにたどり着きたい。その中の一部が4回転半。僕らは採点競技。スポーツでありながらも、芸術をはらんでいる。スポーツとして極めたい理由でアクセル跳びたいことももちろんあるけど、芸術としてもアクセルを跳びたいっていう理由がある。最終目標は4Aを含めた完璧なプログラム。そこを表現しないと自分自身がたぶん納得できない」という目標が背中を押す。

 かつては3回転半の延長線上に4回転半の成功があるとにらんでいたが、練習を重ねるうちに気づいた。「4回転半というものは跳び方がまず違う。(3回転半とは)別物のジャンプとして考えている。やっとその段階までいけた」。まだ着氷には遠く、「本音は崩れ落ちそうな時もある」と言うが、「たぶんみなさん、そういう心が弱い時、つらい時とかって絶対ある。みんながみんな、苦しみながらも闘い抜いているので、僕も闘い抜きたい」と話した。 







世界選手権の一夜明け会見で話していた、
「(4回転)アクセル跳べないと多分満足できないので、一生」という言葉が忘れられません。

21 World  インタ集 32


誰にでもそういうことってありませんか?
今これをしないと一生悔やむだろうってこと。

羽生選手にとっては、それが4回転半ジャンプ。

成功しても、(成功すると信じているけど)仮に上手くいかなくても、ともかくそれをやらないと一生後悔するという事柄。

「僕も闘い抜きたい」という言葉の中に、もう挑戦を決めているという意思を見ました。

国別対抗戦がその舞台になるのでしょうか。ドキドキしてきました。


マッシミリアーノさんも同じ気持ちでいて下さるようですね!


「2016年9月30日に羽生結弦は最初に認定された4回転リットベルガー(=4回転ループ)を着氷した。
今、夢は2つの異なる4回転ジャンプを初めて着氷した歴史上唯一のスケーターになることだ。
それは国別対抗戦で起こるのだろうか?
4回転アクセルを期待しつつ…」





昨日はピンクの表紙の『Sportiva』も届きました。

Sportiva  表紙

裏表紙もすごいです。

Sportiva  裏表紙


まだ全然読めていないのですが、
田口さん、能登さんの美しい写真、本田武史さん、真壁喜久夫さん、伊藤聡美さんの記事、武田双雲さんと能登さんの対談、仙台縁日の特集記事、最後には両面ポスターも付いていて、充実の1冊です。
お値段は少々高いのですが、買う価値はあると思いました。

Sportiva  ポスター 1_Fotor_Collage
両面ポスター








そしてCM提携企業からも新発売のお知らせが届いています。

コーセーは、再びスペシャルコフレのウェブ限定発売のお知らせ。


本当に素敵なBOX入りで、みやびの香りもテクスチャーもとても心地よいものなので、買い逃していた方にはお薦めです。



AJINOMOTOからは羽生選手の写真入りの「しょーがギョーザ」の発売。


この餃子、油も水も無しで上手に焼けて便利です。
私も羽生選手と同じく餃子は大好きなので、冷凍庫の中の定番です。

写真入りのを見つけたら買いだめしてしまいます。


そして今日は『フィギュアスケート通信』の発売日です。




今日も本屋さんへ。


最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 07:55|Permalink羽生結弦 | 国別対抗戦

2021年04月12日

どうか万全の体調で




昨夜BSフジで放送されていた世界選手権の男子SPとFSを観ました。


SPは、文句の付け所の無いのカッコよさでしたね!

21 World 男子SP finish



しかし、わずか2日後のFSの羽生選手は、やはりどう考えても、本来の羽生選手ではなかったと思います。


観るのも辛い思いがしましたが、羽生選手が全力で滑ってくれた演技です。
勇気を出してもう一度観てみました。






演技直前に現れた時は、髪のセットも無く、もうその時点で何か変、と私は感じました。

滑りにスピードもなく、ジャンプが次々に乱れて行くのを見れば、羽生選手を知る人は誰でも、これはちょっと普通ではないなと思ったことでしょう。

私はこの時、特にフィギュアスケートに関心を持っているわけではない家族と一緒に見ていたのですが、やはりそれでも羽生選手がいつもとは違うことに気が付いたようでした。


その後、FS演技の前にロシアのチームドクターによる診察を受けていたことが報道されて、怪我でも新型コロナでもなく、持病の喘息の発作が起きていたことが分かりました。
最悪の怪我や病気ではなかったことに、むしろホッとしたくらいでした。


それで、羽生選手が演技後のインタビューで、むしろ淡々とした様子でFSの演技について話していたことに納得できました。

「ただ全体として上手くいってないんですけれども、大きな転倒だったりとか、自分の中では一番点数を取りたい出来栄えの方ではまったく点数を取れてないんですけれども、ただ全体通して細かいミスですべて抑えられているところは、地力が上がったんじゃないかなと思っています。」

「本当は今すぐ滑りたいくらいですけれども。
でも、あの…また次の機会があるのであれば、しっかりまたそこに向けて、いい演技したいなあっていう風に今思っています」



もう、喘息の発作では自分ではどうしようもないわけで、棄権する選択肢さえあったはずなのに、よくあの状態で滑ってくれたなと、感謝しかありません。

しかもミスは最小限に抑えて、転倒も無しで。
最悪の体調でも、それだけキープできるほど地力が上がっているということを伝えたかったのだと思いました。




 

(設定マークからプルダウンして日本語字幕が選べます)



今シーズン最後となる次の試合では、どうか万全な体調で滑ることができますように。


21 World  インタ集 40_Fotor


「確実に上手くなっている羽生結弦」を信じて。



最後までお読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 10:40|Permalink羽生結弦 | 国別対抗戦