2021年01月12日

今日で終了、羽生結弦展・東京会場



『羽生結弦展 共に前へ』東京会場の展示が、本日12日をもって終了となることが告知されました。

感染対策もしっかりして、予約制のため混雑することもなく開催されていたのに残念です。


共に前へ カバーページ





本日分のチケット申し込みは現時点でまだ可能です。こちらから。

【開催時間】10:00~18:00 ※最終入場は閉場の30分前まで 
【料金】無料

私は15日に行く予定でしたが、急遽本日に変えて、最後にもう一度見てきます。


共に前へ 0

               


一昨日は矢口亨さんの写真集のオンライン講座に参加して、楽しい時間を過ごさせていただきましたが、
同じくフィギュアスケートを撮るカメラマンとしてベテランの田中宜明さんが5Gマルチアングルを紹介している動画を初めて見ました。

私はauユーザーではないので知らなかったのですが、皆さまはもうご存知でしょうか。


これはかなり面白いツールだと思うし、田中さんが色々と示唆に富むことを話しておられます。






ニュース記事もありました。
12月の記事なので、皆さんもう既読かもしれませんが、私は初めて読みましたのでシェアさせていただきたいと思います。

スポーツフォトグラファー田中宜明が考える、
マルチアングル映像の楽しみ方

2020/12/18(金) 7:04   VICTORY

フィギュアスケートの映像を同時に複数の角度から再生できるコンテンツが、「auスマートパスプレミアム」で2020年9月25日から配信開始となった。映像を4画面の複数アングルで同時に視聴できる機能「マルチアングル動画プレイヤー」を使用し、自由にカメラを切り替えながら演技を楽しむことができる。  20年に渡り、フィギュアスケートを撮り続け、羽生結弦をはじめとするトップスケーターたちの厚い信頼を得るスポーツフォトグラファー田中宣明氏に、マルチアングルが可能にする、フィギュアスケートの新たな楽しみ方を伺った。

■どこから撮るか。選手のアドリブがフォトグラファーを悩ませる

(中略)

各国の放送局で使用されるフィギュアスケートの大会映像の元となる動画素材は、会場にある5台~10台のカメラによって撮影される。それらを開催国の放送局が1本に編集したものが国際映像と呼ばれ、それぞれの国でテロップをつけられて放送される。一方、国際映像に使われなかった部分の動画素材は、今まで一定期間が過ぎると破棄されてきた。このマルチアングル映像では、捨てられてきた動画素材を“有効活用”されている。編集前の生素材が流れるため、開催国ごとのカメラワークの違いが表れるのも、楽しみ方の一つかもしれない。

ー寄りと引き、それぞれで見所が変わりそうです。 田中:現場にいても、距離によって感じるものが違いますからね。近ければジャンプの着氷の瞬間の振動や、エッジが削れる音も伝わってくる。そういう迫力のある画を撮りたいなら近くにポジションをとります。逆に、全身やきれいな軌跡がわかるものを撮りたいなら、リンクの上から撮るようにします。 ー田中さんとしては、どちらからの撮影がお好きですか? 田中:フォトグラファーとしては好みを出さないので、その日のプログラムに応じて、ファンが欲しいと思う写真を狙っています。でも、一フィギュアファンとしてマニアックな話をすると、好きになればなるほど細かいところを見たくなるというのはありますね。フィギュアスケートの刃は二枚になっているんですが、それを切り替えている瞬間とか見たくなっちゃいます。 ーマルチアングル映像では、寄りの映像だけを流すこともできます。 田中:それはいいですね。僕も後から録画でテレビの放送を見ることもあるんですけど、全身の美しさを見たいシーンで、正直「そこで寄るなよ~」ということはよくあるんです。もしくは、アップだとしても顔ではなく足元を見たいとかね。人気選手ほど、どうしても顔ばかりアップになりがちなんですが。 ー足元だけの映像で一曲というマニアックな楽しみ方もありそうですね。 田中:フィギュアスケートが好きな人ほど楽しめるコンテンツですよね。
エッジワークや着氷の瞬間の足元を間近で見ると、勉強になりますよ。ルッツやフリップなどのエッジの瞬間、なんてわかるしね。  今はジャッジスコアも全部わかるから、見比べながら答え合わせもできますね。回転不足と判断された4回転を見返しながら、「だからかぁ」なんて。
ある意味マルチアングル映像はジャッジ泣かせな技術かもしれない。

(中略)
ーあらためて感じる写真の良さというのもありそうです。 田中:写真でしか伝わらない部分というのはずっと大切にしていきたいですね。たとえば演技中の一瞬の鋭い視線。映像だと流れてしまう瞬間ですが、それを印象強く切り取ることができるのは写真の強みです。一方、演技、衣装、音楽のフィギュアスケートの3要素をすべて伝えられるのは映像だけ。補完的に、フィギュアスケートの魅力を伝えていければと思います。  マルチアングル映像のさらなる楽しみ方として、田中氏が解説するYouTube映像を配信するなどの企画も始まっており、田中氏が撮影した渾身の1枚と、そのプログラムのマルチアングル映像を見比べながら、田中氏のフォトグラファー視点を感じることができるものになっている。

現在、「auスマートパスプレミアム」では、フィギュアスケート団体戦「世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」、「グランプリシリーズ2020」アメリカ大会、中国大会のマルチアングル映像が配信されている。これまで見ることができなかった未公開の試合映像をマルチアングルノーカットで楽しむことができる。さらに今後は「グランプリシリーズ2020」ロシア大会のマルチアングル映像も配信される予定である。

長い記事なので、記事全文はこちらからお読みください。


このマルチアングル映像、田中さんが指摘しているように、色々な使い方ができそうです。

フィギュアスケートの大会映像の元となる動画素材は、会場にある5台~10台のカメラによって撮影される」のならば、ジャッジングのために設置されるたった1台のカメラよりも演技の技術や表現をずっと正確に捉えているはずですから、このシステムで世界中の人々が試合を見られるようになれば、ジャッジも不正確な判定に言い訳はできなくなるでしょうね。

いずれ遠くない未来には、AIや多方向からのカメラの設置により、現在のジャッジングの時代錯誤的なシステムは改善されると信じたいです。


マルチアングル 1

しかし田中さん、本当にギンガムチェックがお好きなんですね。

私も好きです。
同じく白×黒ギンガムのシャツ、スカート、パンツ、コートまで持っています。



最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 05:06|Permalink羽生結弦 | 羽生結弦展

2021年01月11日

長時間の講座ありがとうございました




昨日の13:30から2時間の予定で始まったオンライン講座は、予定を38分もオーバーして2時間38分の長時間の講座となりました。


ZOOMウェビナーを使って、参加者は1500人とのこと。
画面から質問することも可能で、ほほリアルの講座を受けているのと同じ感覚で、
楽しく視聴できました。

FE468B93-D791-4023-A11C-1DD5FF7923B2


講座の具体的な内容は書けないのですが、基本は矢口さんの写真集を中心にしながらも、
昨年末の全日本選手権のお話も随所に挟みつつ、少しも飽きることなく最後まで楽しい時間を過ごすことができました。

矢口亨 写真集 表紙


矢口さん、高木さん、毛受さんの三人が、撮影や取材を通して、いかに羽生選手を高く評価し、また同時に、愛を注いでくださっているかが感じ取れて嬉しかったです。


長時間にわたる貴重なお話、本当にありがとうございました。


矢口亨さん(左)と毛受亮介さん(右)

続編も是非お願いしたいです。

19 GPF 矢口亨

この写真、カスタマイズカレンダーに入れたかった。

注文受付け再開をお待ちしています。



  最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 04:08|Permalink羽生結弦 

2021年01月10日

オンライン講座と雑誌たち



昨日の記事では、共同通信の吉田学史記者、報知新聞の高木恵記者、スポニチの小海途良幹カメラマンによる記者座談会について書きましたが、

今日は13:30~15:30の2時間、報知新聞の矢口亨カメラマン、高木恵記者、フィギュアスケートマガジンの毛受亮介カメラマンによるNHKカルチャーのオンライン講座に参加します。



【オンライン】第2回心に刻んだあの瞬間(受付2)
~フィギュア取材~

講師
報知新聞社 矢口 亨(カメラマン)・高木 恵(記者)
ベースボールマガジン社カメラマン 毛受 亮介



ZOOMウェビナーを使っての講座なので、かなりの人数の方が参加されると思います。

今回は2回目となりますが、1回目を見逃してしまったので、
2時間という長時間でどんなお話、どんな写真が出てくるのかとても楽しみです。




雑誌が次々に発売されます。

先陣を切って発売されたフィギュアスケートマガジンは一時売り切れとなっていましたが、今は予約可能になっています。再入荷は1月12日予定となっています。




1月16日(土)はフィギュアスケート通信DX、




1月29日(金)はフィギュアスケーターズとKISS & CRY、






それ以外にも、

1月21日(木)発売の、Numberの次号もフィギュアスケート特集です。
表紙はまだですが、表紙及び巻頭特集は羽生結弦選手、
ブック・イン・ブック特別付録も付いています。


Number(ナンバー)1019号
「Figure Skating 2020-21 Climax 不滅の銀盤」
(Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー))
【表紙・巻頭/羽生結弦選手】


「羽生結弦 全日本選手権完全詳報! 」
全日本選手権プレイバック&ドキュメント
本田武史が解説する、新プログラムで見えた進化
音響デザイナー矢野桂一が語る、新プログラム楽曲への想い

ブックインブック特別付録
「アーティストが語る、羽生結弦歴代プログラムの美」

これも楽しみですね。

こんな表紙が希望です!(妄想!)

20 全日本_Fotor





 

そして1月29日(金)発売のワールドフィギュアスケーティングの表紙はこれです。


20 全日本 フィギュアスケーティング

目線がくるとインパクトありますね。





Amazonのスポーツカテゴリー売れ筋ランキングの10位以内に、
羽生選手が表紙の雑誌がなんと3冊もランクインしています。

1位 フィギュアスケートマガジン
5位 フィギュアスケート通信DX
8位 ワールドフィギュアスケート


これから次々と届く雑誌がステイホームの楽しみであり、喜びになってくれそうです。

オンライン講座も、こんな時代だからこそ、色々な分野の方が開催してくださるといいですね。



最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 12:24|Permalink羽生結弦 | 雑誌・ムック

2021年01月09日

競技名は「羽生結弦」




今日もフィギュアスケートマガジン読んでいます。


毎号楽しみにしている記者座談会。
今回も、いつものメンバー、共同通信の吉田学史さん、報知新聞の高木恵さん、スポーツニッポンの小海途良幹さんの3人が、現場にいなければ知ることのできないことを語って下さっています。


CDA4CD07-1CCE-4160-84AD-96C84E130C69


今回は取材に制限があり、フィギュアスケートマガジンはオンライン取材のみが許可され、会場内での取材はできなかったということです。

それをカバーするために、山口さんは現場取材が可能だった吉田さんに取材メモをお願いしていたそうです。


小海途さんは幸い抽選で代表撮影者になれたことがすべてだったということです。

撮影できるカメラマンの数が写真記者協会は4社(4人)のみで、言ってみれば「ゼロか百」。
抽選に当たって中に入れてよかった、それに尽きるそうです。



座談会の中から特に気になったところを少しだけ抜粋させていただきました。




小海途:ずっと一人で練習するという状況で、しっとりしたナンバーを選んでしまうと、どうしても、内へ内へと入ってしまう。
自分を元気づける意味でも、ロックであったり、明るいテンポのいい曲にした方が羽生選手にとっても良かったのかなと、勝手に推測しながら見ていました。
もちろんファンを喜ばせたいという気持ちもあったと思いますが、自分自身をアゲていこうという…。

SPについて小海途さんが感じていたことは本当にそうだなぁと共感しました。
こんな時代だからこそ、ファンのためにも、自分のためにも、あえて弾けた明るい曲を選んだ羽生選手の気持ち、よく分かります。

20 全日本 マガジン 3


公式練習後の会見でもSPの曲名は分からず、その後、主催者側からLet me entertain youと発表された時は、今度は「クイーンなのかロビン・ウィリアムズなのか、どっちなんだ」と、大騒ぎになったそうです。

高木:とにかくプレスルームはパニックでした。
で、夜になってから、ロビー・ウィリアムスの曲であることが明らかになったんです。
そんな経緯もありつつ、SP当日の公式練習の曲かけを見た時に、とにかく「すごくカッコいいな」と思いました。


20 全日本 SP





FSプログラム「天と地と」については、小海途さんは、カメラマンとしてどうしても衣装が気になるが、前よりも後ろが好きだそうです。


FullSizeRender - 2021-01-03T222538.748



確かに肩から背中にかけての花の連なりや、レース?で作った雀を配した凝った作りは見栄えがしますね。

小海途:公式練習の時点ではどういうところが絵になるのか、「撮りどころ」がわからなかったのですが、いざ本番になるといつものように絵になるシーンがたくさんあって安心しました。
これから先も撮りがいのあるプログラムだなと。


小海途さんがこれからもこのプログラムの神写真をたくさん撮って下さることを大いに期待しています!

20 全日本 FS 能登 3



私はこのプログラムの音楽もとても気に入っているのですが、吉田さんがそんな気持ちを代弁して下さったようです。

吉田:箏、琵琶、それと和笛もあったと思いますが、会場で聴くと音がすごくきれいなんです。
そこに、羽生選手の動きの美しさが相まって、しかもジャンプがしっかり決まる。どうしたって見入ってしまいますよ。
このプログラムを五輪に持っていっても、十分に戦える。『SEIMEI』と比べても、そん色ないものになっていく気がします。

高木:羽生選手の代表作になる可能性を秘めていると思いますね。

吉田:フリーは持ち越してもいいんじゃないですかね。
箏の音、琵琶の音と羽生選手の動きがすごくマッチしていて、試合で初めてやったプログラムとは思えなかった。曲調も含めて羽生選手に合っていると思います。


吉田さん、高木さんが言っているように、私も「天と地と」は既に完成形に近い出来上がりな上に、さらに発展していって、ものすごく大きなパワーを持つプログラムになるのではないかと、ゾグゾグする気持ちで観ていました。

高木:競技者として「闘争心の塊」的なものが根幹にはあるとは思うんですが、今回の全日本を見て、勝ち負けを超越した領域に達してしまったと感じたんですよ。
もはや競技名「羽生結弦」というか。

高木さんのこの発言が正に的を得ているなぁと思いました。


20 全日本 マガジン 4


競技名は「羽生結弦」、最早「フィギュアスケート」という範疇を越えて。


明日もまだまだ読むところがたくさんある「フィギュアスケートマガジン」です。




最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 23:18|Permalink羽生結弦 | 雑誌・ムック

ライバルも感動する演技




羽生選手の圧巻の演技を観たネイサン・チェン選手のコメントが伝えられています。


ネイサン・チェンが羽生の圧巻パフォーマンスに感銘!
「ハニュウと戦うのはとてもユニークな感覚と経験」

配信

20 全日本 アフロ長田洋平


昨年末に開催された『全日本フィギュアスケート選手権』男子シングルは、冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が合計319.36点をマークし、5年ぶり5度目の優勝を果たした。10か月ぶりの復帰戦で見せた圧巻のパフォーマンスに、世界選手権2連覇のネイサン・チェンが称賛の声を上げている。  チェンが羽生について言及したのは、米フィギュアスケート専門誌『International Figure Skating Magazine』が行なったインタビュー。

「全日本選手権の羽生結弦を観ましたか?どう思いましたか?」という質問に「もちろん観ていたよ」と回答し、演技の印象について「感動した」とコメントしている。  また、チェンは「彼が1人でトレーニングをしていることも、それがとても大変ということも知っているし、だからそんな状況で高いレベルを維持できていることは本当にすごいと思う」と称賛。
現在の羽生については「とても強くなっていると思う」と印象を明かし、「彼が滑っているのを観られて、そして同様にショウマも観れたのは素晴らしい時間だった」と感想を述べている。  さらに「またどこかの大会で彼と戦う日が来ることをいつも楽しみにしている」とチェン。
「いつも言っているように、ハニュウと戦うのはとてもユニークな感覚と経験で、僕はそれが大好きでいつも楽しみにしているんだ」と再戦に向けての気持ちを語った。 構成●THE DIGEST編集部
 


かつてライバル関係にあった、パトリック・チャンさんも、ハビも、羽生選手の素晴らしさを認めてくれていますが、
現在のライバルであるネイサン・チェン選手も羽生選手の演技に感動し、称賛してくれています。

3月にもし世界選手権が開催されれば、昨年よりもさらにパワーアップした羽生選手と、ネイサン・チェン選手のスリリングな戦いを観られるはずです。ですが、今の世界の状況では難しいかもしれません。
もし世界選手権が中止となったら、次の試合は来シーズンまで待たねばなりません。
今秋に新シーズンが開幕したら、その半年後は北京オリンピックです。

しかし東京オリンピックさえおぼつかない今、羽生選手が「僕個人としては、(北京)オリンピックを考えてはいけないというリミッターがかかっている」と言うとおり、北京のことを考えるのは時期尚早ですね。

でも、いつかどこかで、この新プログラムでの戦いを是非観たいものです。



今日も東京の新たな感染者は2,000人を超え、2,392人でした。

祈ることしかできない無力さを感じますが、自分を守ることが新型コロナ対策への最大の貢献と思って努力するしかありません。




今日は待望のフィギュアスケートマガジンが届きました。

20 全日本 マガジン 1


まだ山口さんの巻頭コラム「自分に嘘をつかない生き方」だけしか読めていませんが、
期待どうり、文字に溢れた誌面は読みごたえがありそうです。


AA798A56-3B9B-456E-888E-443F42DD3F51



全日本選手権の完全収録は、12ページにわたって羽生選手の会見が記録されています。

AC07AE50-4853-49DC-BB47-A3B1BE84B003


付録の4面のポスターもとても素敵です。

家でじっくり読むのが連休の楽しみです。



最後までお読みいただきありがとうございます。

人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 00:39|Permalink羽生結弦 | 雑誌・ムック