2020年10月25日

ダブルオリンピックチャンピオン




スケートアメリカ終わりましたね。

最早今年のGPシリーズは各国の発表会のようなものになってしまったので、 それほど観ようという気持ちにもなれないのが正直な気持ちです。

しかし羽生選手が新プログラムを用意しているということが伝わった以上、
いずれ対戦することになるライバルたちの演技をチェックしておくという意味では興味があるというものです。


想定通り、ネイサン・チェン選手がスケートアメリカ4連勝となりました。

SP: デスペラードより




フラメンコ系はどうしてもハビを連想してしまうし…




FS: Philip Glass セレクション




今一つコンセプトが不明なプログラム…


私はスケオタではないので、細かい技術的なことは分かりませんが、それでも今シーズンのネイサン・チェン選手のプログラムは2つともあまり彼に似合っていないように感じてしまいました。

新プログなので、これから完成させていくのでしょうけれど、どこか精彩を欠くように感じました。

採点については、PCSが高すぎて驚きましたが、国内大会なので気にしていません。


チェン選手にとっても羽生結弦のいないGPシリーズはいまひとつモチベーションに欠けるところはあるのかもしれないですね。


ほとんど試合ができない今の状況を考えると、今シーズンのプログラムが北京オリンピックまで続くケースもありそうで、そういう意味でも今シーズンの新プログラムには注目したいと思います。



スケートアメリカ・男子シングル結果
スケートアメリカ 2020 results

チェン選手はFSでは大きなミスが2つあり、200点越えできず、総合得点は300点に届きませんでした。
アメリカ国内のジャッジだけでもね。




ASTAの動画を久しぶりに観ました。
 
<複数のオリンピック金メダリスト>



地球上に現存しているダブルオリンピックチャンピオンは2人だけ。

ASTA ダブルオリンピックチャンピオン


ディック・バトン 91歳、そして羽生結弦 25歳。



私たちのチャンピオンが今日も健やかでありますように。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 18:46|Permalink羽生結弦 

2020年10月24日

羽生結弦の言葉と羽根のリップと




今日は朝8時05分からスケートアメリカのライブがあると知っていながら、
土曜日ということで、気のゆるみですっかりお寝坊してしまい、目覚めた時にはほぼ終わっていました。
つまり土曜日に早起きするための動機付けにはならなかったということかな。


結果はやはり想定通り、ネイサン・チェン選手がSP1位だったようですね。

ネイサン・チェンSP首位、羽生の世界最高得点肉薄
日刊スポーツ

18、19年世界選手権優勝のネーサン・チェン(21=米国)が111・17点の高得点で首位発進を決めた。ほぼ完璧な演技で、羽生結弦が2月の4大陸選手権で記録した世界最高得点111・82点に肉薄した。


まだ動画は観てないのですが、しかしある意味、アメリカ国内ジャッジだけの採点で、ほぼノーミスでも、羽生選手のバラード第1番の世界最高得点は超えられなかったということだと理解しました。



それよりもスケートアメリカでは、摂食障害に苦しんでいたグレイシー・ゴールド選手が復帰してくれたことが嬉しかったです。

グレーシー・ゴールド、摂食障害乗り越えGP復帰
日刊スポーツ

14年ソチ・オリンピック(五輪)団体戦銅メダルのグレーシー・ゴールド(25=米国)が、2季ぶりとなるグランプリ(GP)シリーズ復帰を果たした。

今大会に出場する選手の中で、1番手で登場。2WEIが歌う「Survivor」を使用したSPを披露した。冒頭のルッツ、後半のフリップがともに予定した3回転が2回転に。ステップなども慎重さを感じさせたが、演技を終えると引き締まった表情を見せた。得点は46・36点で12位だった。


順位は関係なく、チャレンジを続ける強さを取り戻してくれたことが嬉しい。
FSも頑張って欲しいです。




IMG_3020 (1)

今日は久しぶりにカラッと良く晴れた気持ちの良い日でしたね。
久しぶりにゆっくり外を歩いて、太陽の光を浴びてきました。


そして、前々から予約してあった羽根模様のケースに入ったリップセットをピックアップ。


FullSizeRender - 2020-10-24T195715.764


ミニサイズだけれど、カラーバリエーションがあって楽しいセットです。

IMG_3039 (1)


何よりもケースの羽根模様で気分が上がります。

白鳥のボックス入りでケースは羽根の模様入りとくれば、いやでも羽生結弦選手の
Notte Stellataを連想してしまいませんか?

クレドポー・ボーテもさりげなく羽生選手へのオマージュを捧げてくれたのかな、
なんて勝手に想像してしまいました。



続いて書店に寄って、念のためスポーツ関連書籍のコーナーをチェックすると、

ありました!


FullSizeRender - 2020-10-24T200346.676



発売日は26日ということでしたが、多くの書店ではもう店頭に並んでいるようですね。


255ページからなる、能登さんの写真を見ながら、羽生選手の言葉をかみ締められるという、
写真集でもありながら、名言集でもあるという、想像以上に読み応えのある内容です。

いくつか気に入ったページを。

IMG_3032



IMG_3030



IMG_3029 (1)



IMG_3027

元気をもらえる言葉がいっぱい!


本の最後には
<完全年表> 羽生結弦25年の歩み
があり、1994年の誕生から、2020年スーパースラム達成までの全記録を振り返ることができます。


それに加えて、ポストカードのおまけ付きという心遣いも嬉しいですね。

FullSizeRender - 2020-10-24T200634.438


いつも身近において、パッと開いたところを読むだけで気分転換になりそう。

本当に素敵な一冊です。



さて、明日というか、今晩の深夜から朝にかけては、
スケートアメリカ・女子・男子フリーのライブ放送があります。

10月25日(日)02:55~07:00 テレ朝Ch2
フィギュアスケート グランプリシリーズ アメリカ大会
女子・男子フリースケーティング


朝に弱い分、夜には強いので、今夜はできる限り観ようと思っています。
さすがに明朝7時までは無理ですが、
ネイサン・チェン選手のフリーは観ておきたいです。

結弦くんも夜更かしは平気みたいですから、必ず観てますよね。
一緒に観ている気分で観よう!



  最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 20:41|Permalink羽生結弦 | 出版物

2020年10月23日

無鉄砲なほどの一途さを愛す



昨日、ジェフリー・バトルさんが羽生選手の新SPプログラムを振り付けたことが明らかになってから、ずっとそのことを考えています。

ショパンとは全然異なる雰囲気の音楽とはいったい何を指すのでしょうか。

ジャンルが違うということなのか、同じクラシック音楽だけれど、雰囲気の全く違うものと言う意味なのか、興味津々です。


また衣装は伊藤さん担当なのでしょうから、どんな色でどんなデザインなのだろうかとか、ワクワクしてきます。


いつも素早い翻訳をして下さるShu-paさんが今回もインタビュー後半の羽生選手に関する部分を全訳して下さっています。     

Shu-paさんのTwitterはこちらです。


ジェフリー・バトルさんが振付の仕事を初めたきっかけとか、好きなスケーター、振り付ける時に心掛けていることなど、とても興味深いお話です。


特に面白いなと思ったのはバトルさんがデヴィッド・ウィルソンさんから教えてもらったという、振り付けのコツみたいなことでした。
冒頭部分からではなくて、最初にどうしても入れたい部分を創って、そこから広げていくということです。

「まず、どうしてもこれを入れたいと思うものから始めるんだ。この瞬間に美しいイナバウアーを入れたいと思ったらそれをまず考える。そしてそれから前後を考えていく」

gifmagazine - 2020-10-23T192338.153


「テストで答えが良くわからない質問はスキップして、わかるものから答えていくのと同じ」
という説明で、とてもよく分かりました。

ジェフ インタビュー 1


バトルさんが振り付けた「パリの散歩道」と「バラード第1番」と「レッツゴー・クレイジー」の中でどれが一番好きかという質問の答えは「パリの散歩道」でした。

2014  ソチ団体 sp 32


「僕は彼を観たとき、スケートをしている時の彼の無鉄砲さ、怖いもの知らずみたいな感じがすごくこれに似合っているし、楽しいものになるって思った」。
という言葉が、本当にその通りだなと思いました。
彼がスケートに向かう時の、無鉄砲な程の一途さを私は(多分私たちは)愛しているのです。


ジェフ インタビュー 2

ジェフ インタビュー 3

新SPについては、「すごくいいものになったよ。ワクワクしてる」。
        「確実にショパンとは違った感じのものだということは言える。
こんなんでどう。これくらいかな言えるのは」。



後はユヅル本人から聞いてね、ということですね。
羽生選手自身から発表されるのはいつになるのか分かりませんが、分かっていることは、羽生選手は新SPをブラッシュアップ中だということです。
もうそれだけで毎日が少し明るい気分になります。

ジェフ インタビュー 4


GPシリーズはカナダ大会、フランス大会が中止になり、実質的にはもうグランプリシーズとは呼べないものになっているし、GPファイナルもどうなるのか不明な中で、今週末にはアメリカ大会が無観客で実施されます。

NHK杯は観客を入れて実施ということですが、入場時の長い列、コンコースの混雑、長蛇の列のトイレ、等々考えると、とても心配になってしまいます。


来年も既にオーストラリアの四大陸選手権は中止決定ですし、ヨーロッパ選手権、世界選手権も中止の可能性が大きくなっているように感じます。

そうであるならば、羽生選手が敢えて日本選手権に出場する必要もないように思います。

新プログラムは、そのときが来るまで、想像して楽しむ時間にしましょう。

とにかく今はみんな健康第一で。


羽生選手が新しいプログラムを得て、
毎日新鮮な気持ちで、良い練習ができていますように。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 19:41|Permalink羽生結弦 

2020年10月22日

SP新プログラムはジェフの振付~~!




ェフリー・バトルさんが、ZOOMインタビューの動画の中で、羽生選手のSPの新プログラムを振り付けたお話をされています。





1時間近いインタビューですが、終わり近くのオーディエンスからの質問に答える中で、
48:05くらいから羽生選手のSPで、ショパンのバラ1、PW(パリの散歩道)、LGC(レッツゴー・クレイジー)の内、どれが好きかと言う質問に答えています。





そして51:35くらいから新しいSPをリモートで振り付けたという話になります。


少なくともSPは新プログラムなのですねーーー!!

それ以上多くは語らないけれど、ショパンとは全然違うタイプのものだと。


楽しみ過ぎます


 



ミッツさん、Monさん、Cocoさん、Siennaさん、ありがとうございます。


羽生選手からの発表が遠からずあるってことですね。

待ち遠しい!!


マッシミリアーノさんも直ぐにつぶやいています。


「ユヅル・ハニューの新SPの音楽は何だろう?
本当のところ、最も重要なのは新SPがあることを知ることではないのだが、
しかしつまり、遅かれ早かれ彼は競技に戻ってくるということだ。
全日本選手権を待とう…」

でもマッシさん、それまで待ちきれませ~~ん。



最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。

今日更新の前記事「木曜日の男」はこちらです。
一緒にお読みくださいね。


スポンサーリンク



withgoldenwings at 17:08|Permalink羽生結弦 

木曜日の男



今日は木曜日。
木曜日の男といえば田中さんです。


その第3弾 2016-17 シーズン前編です。





とっておきの中からの、田中セレクト

SEASON PHOTOBOOK 第3回 2



SEASON PHOTOBOOK 第3回 3


SEASON PHOTOBOOK 第3回 4


ガチで目にピントが来てないとダメだそうです。
目線が来ているということが大事。


次の写真、
田中さんは、撮ってみたらこんなのあった、なんて言ってますけど、
カッコいいですねー

SEASON PHOTOBOOK 第3回 5


なんのかんの言って、田中さんはやっぱり可愛い結弦くんが好きなのです。

SEASON PHOTOBOOK 第3回 7


SEASON PHOTOBOOK 第3回 8



こちらは新村さんお気に入りの1枚

SEASON PHOTOBOOK 第3回 12


SEASON PHOTOBOOK 第3回 11

考えながら、分析しながら練習している顔。


一方、田中さんが一番好きと言うのはこの1枚。

SEASON PHOTOBOOK 第3回 13


SEASON PHOTOBOOK 第3回 14

可愛い。それしか言葉が出てこないの分かります。



SEASON PHOTOBOOK 第3回 24


プロカメラマンがどれくらいの写真を撮るのというお話も興味深ったです。

世界選手権では1週間の間に全選手だと、なんと4万枚!

世界選手権・羽生結弦という項目分類だけで1万枚弱くらいだそうです。

練習だけでも1000枚とかあるそうです。

その中からセレクトしていくだけでも大変なことでしょうね。


最終的な写真セレクトは田中さんのセレクトしたものの中から、編集部が行っているようです。

田中さんとしてはファンの方が満足してくれれば、それでよかったと思うと、どこまでも優しい方なのですね。


今回も興味深いお話と写真解説、講座を受講したようで、とても楽しかったです。

次回は10月29日木曜日です。
田中さんは私に中ではもうすっかり木曜日の男となってしまいました。
毎週の楽しみにしていますよ





郵便局からは 
《羽生結弦2021年 年賀状コレクション》が発売されます。

2021 年賀はがき 7
2021 年賀はがき 8
2021 年賀はがき 9
2021 年賀はがき 10
2021 年賀はがき 11



しかし、年賀はがき6枚とマスクケースで3,200円とは郵便局さん強気ですね。

羽生選手のマスクケースには私はどうしても使用したマスクを入れられないと思います。
むしろ切手セットにしてくれたらよかったのにな。

受注販売なのでゆっくり考えてみることにしましょう。

ご購入はこちらから
11月2日 0:15 からです。


しかし11月にはコーセーコフレもあるし。
もしも、万が一にも抽選に当たってしまうということもあるわけで、、、

色々なキャンペーンがあって嬉しいけれど、予算配分が大変!!



  最後までお読みいただきありがとうございました。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。

スポンサーリンク



withgoldenwings at 16:14|Permalink羽生結弦 | 田中宜明