2018年07月26日

クローズアップランキング


最近色々なランキングを目にしました。

羽生選手が5位以内にランキングされているものものをピックアップしてみました。

■アスリートイメージ総合ランキング

1位 羽生結弦 (フィギュアスケート)
2位 イチロー (野球)
3位 大谷翔平 (野球)
4位 内村航平 (体操)
5位 錦織圭  (テニス)

■アスリートイメージ評価/各種ランキング

・「爽やかな」アスリート
1位 羽生結弦 (フィギュアスケート)
2位 大谷翔平 (野球)
3位 白井健三 (体操)
4位 多田修平 (陸上)
5位 田中大貴 (バスケットボール)

・「かっこいい」アスリート
1位 大谷翔平 (野球)
2位 羽生結弦 (フィギュアスケート)
3位 柴崎岳  (サッカー)
4位 イチロー  (野球)
5位 内村航平  (体操)

・「テクニックがある」アスリート
1位 羽生結弦 (フィギュアスケート)
2位 アンドレス・イエニスタ(サッカー)
3位 柴崎岳  (サッカー)
4位 イチロー  (野球)
5位 白井健三 (体操)

gooランキングでは、
「かっこいいと思う男性スポーツ選手」
1位 イチロー  (野球)
2位 
羽生結弦 (フィギュアスケート)
3位 大谷翔平 (野球)
4位 内田篤人
5位 ダルビッシュ有

つまり、爽やかで、かっこよくて、テクニックがあって、総合的評価は第1位のアスリートということですね!!

そしてもしも「クローズアップに堪えられるアスリートランキング」があれば、これも間違いなく羽生結弦が第1位でしょう。



FullSizeRender (818)_Fotor



FullSizeRender (325)



FullSizeRender (173)_Fotor




花は咲く メイキング 8




ロッテ 2





love in action 24



GPS オープニング 1





Number plus





ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 


withgoldenwings at 12:28|Permalink羽生結弦 | ポートレート

2018年07月25日

麗しき横顔にいやされて


この暑いのに風邪をひいてダウンです。

こんな時は綺麗な横顔に癒されて。



FullSizeRender (45)




FullSizeRender (55)




FullSizeRender (48)



夏になると元気になる、湿気と暑さが大好きなウィルスがいるそうです。

どうぞ皆様も気を付けて下さいね。

今夜は早く寝るしかありません。

おやすみなさい。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 

withgoldenwings at 23:33|Permalink羽生結弦 | ポートレート

2018年07月24日

美しい氷上生物のように☆ 1/f ゆらぎを感じて

 
羽生選手のことを生物なんて呼ぶのは申し訳ないのですが、氷の上を自由自在に滑っている彼を見ると、人間ではなく、水の中をヒラヒラと泳ぐお魚のように感じてしまいます。 

あんな風にスピードにのって自由に滑れたら、どんなに気持ちがいいことでしょう。 

実際、彼にとっては靴を履いて地上を歩くより、エッジに乗って氷の上を滑ることの方が楽なうえに気持ちが良いのでしょうね。



18-2-12 haturensyu 1_Fotor


『羽生脱ぎ』でなく普通の脱ぎ方でもカッコいいですね。


18-2-14 公式練習 1_Fotor



18-2-12 初練習 5_Fotor



羽生選手が自由に滑る様子を見ているだけで私にはヒーリング効果があります。

彼のスケーティングに1 /f ゆらぎを感じるからかもしれません。


1/f (エフ分の1)ゆらぎとはパワーが周波数 f に反比例するゆらぎのこと。ただしfは0よりも大きい(wikiぺディアより)と説明されていますが、これではさっぱり分かりません。



18-2-12  初練習 21




様々な事象は平均的には一定であるかのように見えても、その平均値のまわりで
予測のつかない変動をして、繰り返すことのない一度きりの変化を積み重ねていきます。 



これはまるで羽生選手のスケートを説明しているようです。



18-2-12 初練習 11



18-2-12 初練習 16



規則的なものと不規則なものが調和した状態が、1/fゆらぎで、体験者は心地よく快適な気分なります。


自然界には多くのゆらぎが溢れています。私たちの心臓の音、ろうそくの炎のゆれ、波の感覚、雨音…。

いずれも一定のようでいて、実は予測できない不規則なゆらぎがあり、それが1/fゆらぎです。



18-2-13 公式練習_Fotor




人間の生体は五感を通して外界から 1/f ゆらぎ を感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、 精神が安定し、 活力が湧くと考えられています。




18-2-12 初練習 19_Fotor




それで羽生選手のスケートを見ると癒されて元気になるわけね。

こんな説明されれば、なるほどと思います。



これは平昌オリンピックの練習動画ですが、見ているだけで私にはヒーリング効果があります。

羽生選手のスケーティングに1 /f ゆらぎを感じているのだと思います。



 
(再生できない場合はYuzuru Hanyuをクリック)



ゆらゆらと、いつまでも飽きずに見ていられます。


しかしこの1/f ゆらぎを感じるのは何故か羽生選手の場合だけなんです。





ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 

withgoldenwings at 23:26|Permalink羽生結弦 | 平昌オリンピック

テーマカラーは紫



平昌オリンピックを振り返ってみれば、イメージは全て紫。

このカーテンの色、羽生選手のSEIMEIカラーに合わせたとしか思えません。


18-2-13 公式練習 9_Fotor


18-2-13  公式練習 2

SEIMEIの紫とバラ1のブルーの組み合わせ


18-2-13 プレカン 3_Fotor



18-2-16  SP  3



演出したかのような構図

18-2-17 FS 登場


勝利の瞬間を彩ったのも紫

18-2-17  グリーンルーム 2-1




18-2 OP_Fotor




FullSizeRender (156)




FullSizeRender (969)_Fotor



紫に始まり紫に終わった平昌オリンピック。

2連覇を気高く美しく飾った色。



気が早いけれど、今年の秋は紫をマイテーマカラーにしよう。

紫のカシミアセーターとブルーのシャツは必須かな。


昨日は大暑で40度越え!?
夏来たりなば秋遠からじ、と思ってこの暑さを乗り切ろう。



ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 

withgoldenwings at 10:20|Permalink羽生結弦 | 平昌オリンピック

2018年07月23日

最高のアイスショー で最高のトークショー


昨日はテレ朝ch2 で連続して2つのアイスショーの放送がありました。

11:00~14:00 Continues with Wings 特別編

続いて

14:00~17:18 ファンタジー・オン・アイス 幕張公演2日目

連続6時間18分ですよ!

余りの暑さで外出できない中、一日中家の中で涼しげな氷の世界に浸りました。


特にContinues with Wings 特別篇は貴重品です。
既に1回目の放送の時に録画済でしたが、また全部しっかり見せていただきました。

羽生選手が初めてプロデュースしたアイスショーのメイキング番組でもあり、制作過程に初めからかかわり、新しい試みに取り組む羽生選手を見ることができました。

FullSizeRender (96)
プロデューサー兼座長は大忙し。



半分はレジェンドスケ―ターの演技、半分は羽生選手のトークやインタビューや質問コーナー等で、まるでバラエティショーを見ているかのように楽しくて、3時間があっという間に過ぎ去ってしまいます。


Continues 4-15  3
なんとも嬉しそうな顔!



Continuesの3日間は、1日目と2日目は会場で、3日目はライブビューイングで見たのですが、やはり一番嬉しかったのは、羽生選手が懐かしい過去の衣装でその当時のプログラムを再現してくれたことです。

ツィゴイネルワイゼン、悲愴、ロミオとジュリエットという3つの衣装を日替わりでという、楽し過ぎるくらいの素敵な企画。
羽生選手自身が考えてくれたとしたら、ファンの気持ちが本当によく分かっているんですね。

リアルタイムで見たことがないプログラムでも、タイムスリップした気分になれます。

そこで、今回演じてくれた羽生選手と、当時の羽生選手とはどのように変化又は成長したのか、比べてみました。



まず1日目のツィゴイネルワイゼンです。

2010-2011シーズンには、私はまだ’羽生結弦’という存在を知らなかったので、この衣装の羽生選手を生で見たかったなと、ずっと思っていました。
まさかここにきてこの姿が見られるなんて、、、夢のようです。

ジョニー・ウィアーさんデザインのこの衣装、本当に可愛いですね。

16歳のまだ童顔の可愛い羽生選手は23歳の素敵な青年に成長しました。
体格がよくなったせいか、衣装がややキツキツな感じもあります。




Continues 13 1_Fotor
立ち姿、素敵!


Continues 4-13 2_Fotor



2011年四大陸選手権より
11 4CC fs 28-1


ツィゴイネルワイゼン 2011 feb 4大陸 28 (2)





2日目は悲愴の美しい衣装です。

この衣装、肉眼で見ると、きらめきが物凄くて眩しいほどなのに、テレビでみると、どうしてキラキラ感が減少して見えるのか不思議なくらいです。

羽生選手に最高に似合っていて、ちょっと現実の人とは思えないくらい美しかったです。

当時と比べると、今は大人っぽく、より一層妖艶な感じになりました。

Continues 4-14 23_Fotor


Continues 4-14  6-2



2011年全日本選手権
悲愴 1_Fotor_Fotor



2011 全日本 sp 16_Fotor
見ているだけで涼しくなります。



3日目は2011-2012シーズンのロミオとジュリエット。
世界への突破口となった記念碑的なプログラム。

私が初めて
羽生選手に出会った時の衣装です。
なので、やはり一番心に残る大好きな衣装です。

3日目はライブビューイングだったのですが、会場に行けばよかったと大いに後悔しました。
やはりその場所で肉眼で見るのと、映像を通して見るのでは、旅行に行くことと、旅行番組を見ることくらいの違いがあります。

しかしこの時期にまた見れたことだけでも十分幸せでした。


Continues 4-15 25_Fotor (2)


Continues 4-15 4_Fotor



2012年世界選手権
Nice 9_Fotor


2011年GPファイナル

12 セセン fs  3


こんな風に時を経て、再び過去の衣装で過去のプログラムを再現してくれるのはこれが最後なのでしょうか。

またいつかContinues with Wings としてアイスショーを開催する時は、是非また過去のプログラムも演じて欲しいな。

オペラ座の怪人、ノートルダム・ド・パリ 等々よろしくお願いします。

待ってます!!!


Continues 4-13




ブログ訪問ありがとうございます。

フィギュアスケートランキング
ブログランキングに参加しています。1クリックが励みになります。

☆全ての画像、文の転載、引用はご遠慮下さい。


 

withgoldenwings at 11:38|Permalink羽生結弦 | Continues with Wings